緊急事態宣言は月末で解除か

政府は19都道府県に出している緊急事態宣言と8県に出している「まん延防止措置」を月末で解除する意向との事ですが、急激に減少する新規感染者という状況から何か新しい対策の必要性は少ないように感じられるとしても、気を抜かずに情報を収集して対処していく必要がありそうです。

精神病院を中心とする病院と高齢者施設等でクラスター感染が発生したとの報道が複数あるようです。精神に作用する薬を服用した場合に何らかの作用があるのかは不明ですが、ワクチンの効果が想定より早く症状の抑制を出来なくなって最もウイルスをまき散らす状態がワクチンにより長時間の維持される事もあるのではとか様々な可能性が考えられるのでしょうか。

新しい変異株が感染拡大状況になった場合は今回のデルタ株の時よりも厳しい感染拡大状況になる事が危惧されます。12月上旬以降を想定して対策強化を検討するならば忘年会とクリスマスイベントの期間を長くした場合に必要とされる対応策と他の様々な施策を考える時間はまだあるとも言えるのでは。

関連詳細記事 ↓