年末年始迄は新規感染者の抑制

東京都の新型コロナウイルス新規感染者数は減少の傾向が続いていますが、このままの感染対策状況を継続せずに可能な限り強化を図り年末に医療状況が限界に近づけば行動制限で対応するのでしょうか。大阪駅前南側の混雑する場所で過密を解消する為に、もう一段の空中回廊を設けたり地下通路の店舗を移転して拡幅する等は、確かに可能ではあり未来的景観を意図的に作り出す政策として打ち出すのは、一つの考え方として良いかもしれません。

それにしても問題は昨年と比べてデルタ株の感染力にさらされる中で年末年始の長期休暇を迎える迄は新規感染者数を許容範囲に抑制する事を成し遂げる為に、状況を注視して適時適切な対策を講じる事を実施する為には、街中の状況を政党支持者等が行政に活かせる内容にまとめて公開せずに提出するのは昨年の状況を顧みた施策として考えられそう。

ワクチンの二回接種が国民全体の半数ほど進行した所で、年末に三回目の接種をする必要がある可能性が出てきましたが、イスラエルにシンガポールと欧米諸国の状況を見た上で何千万人分の三回目接種をするワクチン量を確保するのかは同じ種類が良いのか等も考えて検討する必要があるのでしょうか。

関連詳細記事 ↓